保湿スキンケアで肌トラブルを防ぎましょう

冬は乾燥する季節。それは肌にも影響が及び、様々な肌トラブルを引き起こします。そこで大事になってくるのが保湿スキンケアなのです。

十分な水分を与えて肌の潤いを保ち、冬の乾燥を乗り切りたいものです。

乾燥がなぜ肌にとってよくないのかというところですが、水分が蒸発し肌が空気に触れる面の肌を守るバリアする力が弱くなって、ほこりや汚れ、紫外線などが直接肌にダメージを与えてしまうためです。

それが肌トラブルの原因となり、シミやくすみなどができやすくなるのです。ですから保湿で肌の外側を守らなければなりません。

洗顔で皮脂を落とし切るのも肌自らが自衛しようと生み出す保湿バリアを取り除いてしまうことになりますから注意が必要です。

適度な皮脂を残すことによって保湿効果を生み出し、肌を守るサイクルを生み出しているのです。お肌の保湿力を高めるためには、まずは洗顔から見直していくことが大切なんですね。

石鹸や洗顔フォームを十分に泡立たせ、泡で汚れを掻き出すように肌をやさしく泡を動かすように洗っていきます。決してゴシゴシとしないでくださいね。

肌が持つ蘇生力を引き立たせるようになめらかな刺激を与えてあげるイメージで行いましょう。もちろん、タオルで拭くときもこするのではなくて軽く押し当てるようにして水分を拭き取ってください。

洗顔後にすぐに化粧水を塗ることもポイントになります。洗顔後には毛穴が開いているので吸収力が高くなっているのでここでしっかりと化粧水を浸透させてあげましょう。

充分に水分が浸透したならその上に乳液で水分が蒸発するのを防いでいきます。しっとりとした質感を保ち、肌の明るさを引き立たせるイメージで行ってください。

スチーム・ミストの美顔器のようにお風呂で湯船につかりながら湯気が肌にあたったり、潤いフェイスパックで重点的に水分を含ませたりすることも有効な方法です。

しっかりとした保湿ケアで潤いと張りのある肌をキープしていきましょう。肌をしっかり保湿するのにオールインワンゲルも人気があるコスメです。