しわの予防で気をつけるべきこと

秋冬は乾燥する季節ですよね。肌も乾燥をしてカサつき、シワの増えが気になる季節だが、さてシワの予防といえば真っ先に思い浮かぶのは保湿ではないでしょうか。

化粧水を丹念に塗ることがシワの予防に繋がる、というのは間違ってはいませんが、この方法、間違った方法で化粧水を使用すると、逆にシワの増えの元となることはご存知でしょうか。

まず、肌に水分を与えるだけでは、逆に肌に与えた水分以上の水分が逃げていってしまうということをちょっと説明しようと思います。

冬場にカサついた唇を舌で舐めていると、水分が触れたはずなのに逆にどんどんカサつきが酷くなり、やがて真っ赤になった経験は誰しも一度くらいは経験があることと思います。

肌というのは、水分をただ与えただけだと、それ以上の水分が蒸発していくものです。化粧水をパッティングしたあとは、薄くクリームや乳液などを塗って、水分にフタをするのがお約束ですよね。

そして、高い化粧水を購入する必要も本当はないともいえます。安くても質のよい化粧水を、惜しみなくたっぷりと肌に与えるほうが、高い化粧水をちびちびと使っていくよりも、長く手入れをしていく上では効果が高いこともあるんです。

もちろん、即効性が高く、手入れを怠ったまま年を重ねた肌に効くのは、高いスキンケア製品であることのほうが可能性は高いですけどね。

だが、若いうちから長く時間をかけて毎日手入れをするのなら、安くても質がよく、たっぷり気兼ねなく使えるスキンケア商品のほうが効果が高いことがあります。

ほんの一手間で、シワの防止に繋がる基礎の基礎、「真剣なほどの保湿対策」をぜひ実践してみてほしいとおもいます。